FC2ブログ

Rêverie/Blanc

2019年12月21日 10:39

















Rêverie/Blanc

先日に引き続き、林檎の新作ウィンターバージョンです。
雪に仄めく灯火を閉じ込めて、白い実にゴールドのカスミソウを散りばめました。
そしてアンティークの譜面を。

こちらも限定4個を、21日21時より平安工房様online shopにて販売予定です。

https://heian0120.thebase.in/


Rêverie

2019年11月24日 22:40

R2019_all



R2019_1


R2019_2


R2019_3


R2019_4




『Rêverie』

約2年ぶりとなる透明な林檎Rêverieの新作が完成しました。
今回のレシピは、ツルウメモドキにカスミソウ、そして古い楽譜。
もしかするといつの日か、密やかな調べが聴こえてくるかもしれません。
そんな夢想を抱いて。



こちらの作品は、限定4個を平安工房古書わらべOnline Shopにて2019年12月2日(Mon)20時頃より販売開始の予定です。




新作『épine V』

2018年10月19日 18:44

新作『épine V』
小品の新作1点が完成しました。
近年継続的に制作している足の小品へ、先日の新作Vendémiaireにおいて制作した羽根のレリーフを融合させるという試み。
今回も羽根にはタッセルを通せる穴を開けて遊びをもたせてみました。
ただのレリーフ装飾ではなく、この作品のアイデンティティのようなものの表れとしての羽根を作れたら、そうした願いのもと制作した作品となります。
作品は付属のガラスドームへ自作の『ツルウメモドキ』のドライと共に。

明日から開催の『gradation』展への出品作品です。
『gradation』展詳細

どうぞご高覧ください。



epineV1.jpg


epineV2.jpg


epineV3.jpg


epineV4.jpg

石粉粘土 胡粉 油彩仕上げ 
付属品:ガラスドーム ツルウメモドキ 古書片
2018/10制作

新作『Vendémiaire』

2018年09月02日 22:03

Vendemiaire1.jpg


Vendemiaire2.jpg


Vendemiaire3.jpg


Vendemiaire4.jpg


Vendemiaire6.jpg


Vendemiaire5.jpg


新作『Vendémiaire(ヴァンデミエール)』
2018/09 制作
石粉粘土 胡粉 人毛 油彩仕上 自作眼 
78cm


ヴァンデミエールは葡萄色の瞳の人。

そして何より、今回は初めての関節への装飾を施した作品となりました。
以前から人形でしかできない表現を取り入れられたら良いなと思っていたのですが、なかなかそう簡単にいかず。
今回ようやく思い切って私なりの関節表現をしてみました。
左半身を中心に、関節からボディまで筋肉と骨格の流れを意識したデザインで要所要所へ羽根を散らしました。
ボディパーツ上に乗っているのは半立体状に盛り上げた羽根、ところどころ大胆に浮かせた箇所には細いリボンなどを通してニュアンスを楽しむことができます。
関節球へは、可動性を損なわないよう直接彫刻をほどこしてあります。
こうしたことにより私の中で全体的に象牙の彫刻のようなイメージがかたまり、着彩もあくまで胡粉を主体として油彩でザックリ仕上げました。
実は他にも、こっそり涙ぼくろがあったり歯が入っているのもチャームポイント。

いつもとは違った試みの多いこちらの作品は、12日から開催されます『人・形展』への出品作品となります。
どうぞご高覧ください。

★人・形展詳細はこちら


新作『épine R』

2018年03月08日 01:06

新作『épine R』
小品の新作2点が完成しました。
今回は2015年より折に触れ制作している足の小品を、透明樹脂で制作しました。
身体のパーツを透明樹脂で制作するのは以前からの希望でしたが中々タイミングが作れずにいて、今回はそれが叶い大変楽しい制作となりました。


epine2018_6.jpg

epine2018_7.jpg

epine2018_2.jpg


以前のエピヌとロンデよりも更にサイズ大きめで、足首も少し長めに作りました。
中には、野バラ・アネモネの葉・カスミソウ・アザミ・洋古書を封入。
こちらのガラスドーム内には黒い羽根が添えてあります。





epine2018_4.jpg

epine2018_3.jpg

epine2018_1.jpg


もう一点のこちらは、巻貝入り。
ガラスドーム内には、野バラの小枝と白い羽根の装飾がされています。

今回の作品は歌人である森島章人氏の第二歌集『アネモネ・雨滴』へのトリビュート展への参加作品という事で、氏の詩情をアネモネの葉に託し制作しました。
薄く儚い花弁が春風にそよぐ様が好きで私自身毎年アネモネを育成していましたので、この冬のうちにその幼葉を数枚摘みドライに仕立てて使用しています。
どうぞ、ぜひ会場にて実物の細かな封入物の違いなどをお楽しみください。

◆森島章人『アネモネ・雨滴』出版記念 トリビュート展
http://dollcity.blog116.fc2.com/blog-entry-1059.html








    アネモネ領 きみの瞳の奥にあり門ひとつなし北へと続く / 森島 章人


epine2018_5.jpg

Anemone、アドニスの血より咲く花。



最近の記事