FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作『épine R』

2018年03月08日 01:06

新作『épine R』
小品の新作2点が完成しました。
今回は2015年より折に触れ制作している足の小品を、透明樹脂で制作しました。
身体のパーツを透明樹脂で制作するのは以前からの希望でしたが中々タイミングが作れずにいて、今回はそれが叶い大変楽しい制作となりました。


epine2018_6.jpg

epine2018_7.jpg

epine2018_2.jpg


以前のエピヌとロンデよりも更にサイズ大きめで、足首も少し長めに作りました。
中には、野バラ・アネモネの葉・カスミソウ・アザミ・洋古書を封入。
こちらのガラスドーム内には黒い羽根が添えてあります。





epine2018_4.jpg

epine2018_3.jpg

epine2018_1.jpg


もう一点のこちらは、巻貝入り。
ガラスドーム内には、野バラの小枝と白い羽根の装飾がされています。

今回の作品は歌人である森島章人氏の第二歌集『アネモネ・雨滴』へのトリビュート展への参加作品という事で、氏の詩情をアネモネの葉に託し制作しました。
薄く儚い花弁が春風にそよぐ様が好きで私自身毎年アネモネを育成していましたので、この冬のうちにその幼葉を数枚摘みドライに仕立てて使用しています。
どうぞ、ぜひ会場にて実物の細かな封入物の違いなどをお楽しみください。

◆森島章人『アネモネ・雨滴』出版記念 トリビュート展
http://dollcity.blog116.fc2.com/blog-entry-1059.html








    アネモネ領 きみの瞳の奥にあり門ひとつなし北へと続く / 森島 章人


epine2018_5.jpg

Anemone、アドニスの血より咲く花。

スポンサーサイト

名残の雪

2018年01月25日 23:12

最強の寒気団が到来といわれている今週、正月すぎからタイミングを狙っていた雪景での撮影を敢行しました。
しばらく前に袴を仕立てて書生スタイルが似合っている「名残」を是非とも雪と共に……そう考えていたものの、なかなか天候が安定してくれず。
半ばあきらめモードに差し掛かっていたのですが、この寒気でサラサラとした最高の粉雪に撮影に適した薄日が差すようなお天気。
これはもう今しかないとばかりに、雪降る中カメラを担いで野外撮影をしたのでした。

念願の「雪と着物」の名残さん。
クリックで拡大しますので、どうぞご覧ください。






2018nagori_snow.jpg



2018nagori_snow2.jpg



2018nagori_snow4.jpg



2018nagori_snow3.jpg



新作『Coquille』

2017年11月05日 23:53

coquille1_2017.jpg


coquille2_2017.jpg


coquille6_2017.jpg


coquille4_2017.jpg


coquille3_2017.jpg


新作『新作『Coquille』
2017/11 制作
石粉粘土 胡粉 人毛 油彩仕上 自作眼 
78cm


フランス語で「貝殻」などを意味する『coquille』コキーユ。
この作品の雛形となったのは、2015年に刊行された人形寫眞文庫を制作するにあたって最後の一体として素体のままの姿を掲載された作品でした。
未来への予感としての作品であったcoquilleは、その後しばらくアトリエで幾人かの作品が旅立っていくのを見送っていましたが、この度の3人展にあわせようやくその時を迎えることとなったのでした。
腹部の独立球はその存在感を保ったままボディラインをより一層美しく引き立てるよう、サイズの調整に心を配りました。
お顔も伏し目の物憂い雰囲気を活かすようにと、久しぶりに睫毛を植えてみたり。

海の底にひっそりと沈む白い貝殻のように、誰知らずともそこに在る確かさを。

こちらの作品は、3人展『sillage』への出展作品となります。
どうぞご来場くださいませ。

3人展『sillage』詳細↓
http://dollcity.blog116.fc2.com/blog-entry-1052.html

新作『Litore』

2017年09月26日 02:33

litore_tw1.jpg


litore_tw2.jpg


litore_tw3.jpg


litore_tw4.jpg


litore_tw7.jpg


新作『Litore』
2017/09 制作
石粉粘土 胡粉 油彩仕上 自作眼 
78cm


すっかり秋の空気へと季節は移ろい、ふとした瞬間の郷愁に我に返るような気持ちの日々です。
ひんやりとした空気に心が凛とするような、そんな静かな中にも強さのある作品をとの想いで制作しました。
ラテン語で渚や水際を意味する『Litore』。
私の中での人形は境界に居るものとしての存在であり、波打ち際や汀といったものもまた一つの境界なのだと思うのです。
そんな間(あわい)に息づく少女。
『Litore』は人・形展にて皆様のお越しをお待ちしております。
どうぞ、ご高覧ください。


★人・形展詳細はこちら

新作『Amrita』

2017年05月26日 02:06

amrita1.jpg


amrita2.jpg


amrita3.jpg


amrita6.jpg


amrita4.jpg


amrita5.jpg


新作『Amrita』
2017/05 制作
石粉粘土 胡粉 油彩仕上 自作眼 人毛
80cm


苦しみを治め不死を与えるとされる、天上の飲物アムリタ。
紫からピンクオレンジ黄色へとグラデーションの入った瞳を持つこの作品が、いつか甘い芳香を放つようなイメージでこの名を与えました。
甘い蜜へ誘われるように、アイボリーホワイトを基調とした衣装には蝶のモチーフを。
レッグコルセットの先についている物はブローチタイプの着脱式ですので、胸元などお好きなところへ留まらせて頂くことが可能です。

こちらの作品は、来月6/3から京都山科にて開催されます人形展『廻向 echo』へと出品いたします。
どうぞご高覧ください。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。