FC2ブログ

新作『épine V/2ème』

2020年12月05日 22:52













新作の小品が完成しました。

『épine V/2ème』
石粉粘土 胡粉 油彩仕上げ ガラスドーム付属

一昨年制作したépineVをシリーズとして継続して作っていきたいと思ったのは完成当初からで、その想いを改めて確認した今回の作品。
今回は今回の気持ちで作っているので、細かな仕様は違っているところも多くあります。
より羽根に動きを持たせて華やかなイメージにしたので小物は控えて。
ヒールはグッと高く、様々な境界を意識して。
写真では写しきれなかった角度にも魅力的な造形を盛り込んでいると思います。

こちらは、12月9日(水)~12月25日(金)(火曜定休)より開催のアートラッシュ企画展Vol.355『クリスマス展』へ出品いたします。
何かとままならない昨今ではありますが、ご都合宜しければどうぞお運びくださいませ。

ARTS Rush
https://www.artsrush.jp/

新作『épine V/2ème』

2020年12月05日 22:26













新作の小品が完成しました。

『épine V/2ème』
石粉粘土 胡粉 油彩仕上げ ガラスドーム付属

一昨年制作したépineVをシリーズとして継続して作っていきたいと思ったのは完成当初からで、その想いを改めて確認した今回の作品。
今回は今回の気持ちで作っているので、細かな仕様は違っているところも多くあります。
より羽根に動きを持たせて華やかなイメージにしたので小物は控えて。
ヒールはグッと高く、様々な境界を意識して。
写真では写しきれなかった角度にも魅力的な造形を盛り込んでいると思います。

こちらは、12月9日(水)~12月25日(金)(火曜定休)より開催のアートラッシュ企画展Vol.355『クリスマス展』へ出品いたします。
何かとままならない昨今ではありますが、ご都合宜しければどうぞお運びくださいませ。

ARTS Rush
https://www.artsrush.jp/

新作『épine V/2ème』

2020年12月05日 22:26













新作の小品が完成しました。

『épine V/2ème』
石粉粘土 胡粉 油彩仕上げ ガラスドーム付属

一昨年制作したépineVをシリーズとして継続して作っていきたいと思ったのは完成当初からで、その想いを改めて確認した今回の作品。
今回は今回の気持ちで作っているので、細かな仕様は違っているところも多くあります。
より羽根に動きを持たせて華やかなイメージにしたので小物は控えて。
ヒールはグッと高く、様々な境界を意識して。
写真では写しきれなかった角度にも魅力的な造形を盛り込んでいると思います。

こちらは、12月9日(水)~12月25日(金)(火曜定休)より開催のアートラッシュ企画展Vol.355『クリスマス展』へ出品いたします。
何かとままならない昨今ではありますが、ご都合宜しければどうぞお運びくださいませ。

ARTS Rush
https://www.artsrush.jp/

新作『épine V/2ème』

2020年12月05日 22:26













新作の小品が完成しました。

『épine V/2ème』
石粉粘土 胡粉 油彩仕上げ ガラスドーム付属

一昨年制作したépineVをシリーズとして継続して作っていきたいと思ったのは完成当初からで、その想いを改めて確認した今回の作品。
今回は今回の気持ちで作っているので、細かな仕様は違っているところも多くあります。
より羽根に動きを持たせて華やかなイメージにしたので小物は控えて。
ヒールはグッと高く、様々な境界を意識して。
写真では写しきれなかった角度にも魅力的な造形を盛り込んでいると思います。

こちらは、12月9日(水)~12月25日(金)(火曜定休)より開催のアートラッシュ企画展Vol.355『クリスマス展』へ出品いたします。
何かとままならない昨今ではありますが、ご都合宜しければどうぞお運びくださいませ。

ARTS Rush
https://www.artsrush.jp/

『gradation』展10/20~11/18

2018年10月19日 18:14

次回展覧会


DM


DM



『 gradation 』

◆会期
2018年10月20日~11月18日
◆会場
幻想系古本屋 Doris (古書ドリス)店内
東京都台東区根岸3-2-6 sakura1階
tel 03-6666-9865
http://www.kosyo-doris.com/

◆参加作家
桐原ユウ
土谷寛枇
中川多理 ※銅版画
槙宮サイ※小品



秋のお出かけに、どうぞお立寄りください。
静かに古書の薫る会場にて、お待ちしております。


最近の記事