FC2ブログ

展示会巡り

2015年12月14日 19:35







思いの外、里への降雪の遅い今冬。
なんだか冬支度もノンビリモードです。
降雪の多い土地なので庭木を囲いで保護するのですが、それも漸く今日終わる始末。
そんな合間に、日が差す内にと川辺へお散歩に行ったり、乾いた地面を歩ける日々を名残惜しんでいます。
雪が降り出すと、春まで地面が拝めなくなる事が多くあるのです。
とはいえ天気予報では雪マークがついているので、そろそろ年貢の納め時でしょうか。








雪降り前の今とばかりに、先週は幾つか展示会にお邪魔してきました。

恵比寿のシス書店さんでは、山下陽子「未踏の星空」作品集出版記念展を。
ひと匙の不思議な懐かしさと共に、何処までも拡がる星空へと誘う繊細な幻想。
時が経つのも忘れて、すっかり長居をしてしまいました。

目黒のアンティークショップ・ジェオグラフィカさんでは、「ジェオグラフィカ人形展 祈り」を。
クリスマスデコレーションに彩られた店内には、無垢な祈りを捧げるようにたくさんの作家作品が静かに息づいていました。
夢のように飾り付けられたツリーを見ながら二階へ上がれば、秋山まほこさんの「MADO」ちゃんが迎えてくれます。
アトリエドール・マドちゃんの、なんと清々しく可憐な事か。
過剰になる事もなくさっぱりとした佇まいながら、その瞳が湛える深い美しさに魅了されます。

浅草橋パラボリカ・ビスでは、中川多理さんの個展「少年倶楽部~午后の放課後~」に。
入口すぐでお出迎えしてくれた男の子は、いつもより心なしかしっとりとした肌感が少年の清潔な色気を醸し、いつまでも飽く事なく見続けてしまう魅力的な作品。
特装版作品集付属の文化人形風少女や初の少年たちも愛らしく、その作品世界の豊かさに心満たされる展示でした。





展示の合間には、ドーナツでほっとひと時。
また来年も、よい展示に出会えますように。


最近の記事