FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gallery更新しています

2017年12月02日 06:27

重い腰をあげ、久しぶりにGalleryページを更新しました。
近年ではBlogへ記録として残してあるからと怠け気味だったのですが、それではいけない!と思い立ち作業をしてみると…なんと5年分の作品がUPされずにいるではないですか。
我ながら放置にも限度があるだろうと呆れました。
とりあえずGalleryTopへリストだけは作ったのですが、中身がまだ追い付いていません。
少しずつ足していけたらと思っていますので、どうぞゆっくりお待ちください……。

ついでにTopページの扉写真も変更。
自分で見ている分には丁度いいサイズ感で作っているつもりですが、なにせ久しぶりの作業なのでいまいちしっくりきていません。
改善の余地ありといったところかな。

coquilleさんの脚。
彩度低めでシックにしてみました。
topphoto2017copuille.jpg

sillage-シヤージュが終了しました

2017年12月01日 02:05

先日行われました創作人形三人展『sillage-シヤージュ』は、11/13をもちまして終了いたしました。
あたたかく盛況のうちにフィナーレを迎える事がかない、大変すばらしい展覧会となりました。
以下、駆け足ですが展示内容を思い出とともに記していきたいと思います。





sillageblog_1.jpg



事の起こりは、約一年前の秋深まる京都。
ちょくちょくと展示の折にご一緒する雨沢聖さん、江村あるめさんとともに、この三人で何かやってみたいね、という話が自然と持ち上がってきました。

そこから自分たちで会場を選び、会期を決め、DM制作の手はずや広報について考え、せっかくなのでとオリジナルグッズ制作も盛り込んでいたら……あっという間に一年が経過していたのでした。

とはいえ、三人それぞれに地方住まい。
なかなか都合をつけて会うという事もままならず、京都から再び三人が揃って再会したのは11/7の会場搬入日という大胆さ。
蓋を開けてみて、試行錯誤しつつ出来上がったのが下記の会場です。



会場

会場左手
(あるめさんの作品ブースのはずですが、この時丁度、代官山の街へと野外撮影へと旅立っていたので作品不在)


会場

会場右手
さらに右のウィンドウブースには、聖さんの作品が。



[sillage-シヤージュが終了しました]の続きを読む

「100の物語に100の生き物」展

2017年11月06日 00:28

Little Creatures 100の物語に100の生き物展

Little Creatures
100の物語に100の生き物展

2017年11月5日[日]〜26日[日]
★オープニングレセプション 11月12日[日]

■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み香港料理「萬福源」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る


***

3人展と時を同じくして、こちらの展示へも参加いたします。
今年もRêverie を掌編と併せて出品しております。

ringo2017oil.jpg

ringo2017mimo.jpg

ringo2017aka.jpg

今年のRêverieは3点。
琥珀色の液体を封じた硝子小瓶入り、洋古書の紙片入り、カスミソウ入り……。
どうぞお手に取ってお楽しみください。

新作『Coquille』

2017年11月05日 23:53

coquille1_2017.jpg


coquille2_2017.jpg


coquille6_2017.jpg


coquille4_2017.jpg


coquille3_2017.jpg


新作『新作『Coquille』
2017/11 制作
石粉粘土 胡粉 人毛 油彩仕上 自作眼 
78cm


フランス語で「貝殻」などを意味する『coquille』コキーユ。
この作品の雛形となったのは、2015年に刊行された人形寫眞文庫を制作するにあたって最後の一体として素体のままの姿を掲載された作品でした。
未来への予感としての作品であったcoquilleは、その後しばらくアトリエで幾人かの作品が旅立っていくのを見送っていましたが、この度の3人展にあわせようやくその時を迎えることとなったのでした。
腹部の独立球はその存在感を保ったままボディラインをより一層美しく引き立てるよう、サイズの調整に心を配りました。
お顔も伏し目の物憂い雰囲気を活かすようにと、久しぶりに睫毛を植えてみたり。

海の底にひっそりと沈む白い貝殻のように、誰知らずともそこに在る確かさを。

こちらの作品は、3人展『sillage』への出展作品となります。
どうぞご来場くださいませ。

3人展『sillage』詳細↓
http://dollcity.blog116.fc2.com/blog-entry-1052.html

sillage-シヤージュ 11/8~13

2017年10月11日 20:40








雨沢聖・槙宮サイ・江村あるめ 創作人形三人展

『sillage -シヤージュ』



●会期 2017年11月8日(水)~13日(火)
12:00~19:00(最終日は16:00まで)


●場所 Gallery子の星(代官山)
最寄駅 JR恵比寿駅・東急東横線代官山駅


●DM設置店(2017年10月現在)

・東京
子の星
アートラッシュ
古書ドリス
パラボリカ・ビス

・関西
書肆アラビク
アスタルテ書房

・金沢
七月のうし
金沢21世紀美術館
(敬称略)


●出品予定
人形作品
・litore (2017 個人蔵)
・coquille(新作)
・香りの小品

その他、ポストカードや3人展記念マスキングテープなどもございます。
マスキングテープ

小品



***

キンと冷えた朝の空気が、本格的に秋の深まりを感じさせるようになりました。
今年最後の締めくくりとして、雨沢聖さん、江村あるめさんと共に3人展を開催いたします。
久しぶりに作家たちの自主企画ということで、テーマからタイトルなどそれぞれに案を持ち合って決めたりと3人で楽しみつつ、そして大切に作り上げた展覧会です。
DM制作は人形寫眞文庫でもお馴染みの小林絵美さんによる、深まる秋の佇まいにピッタリのシックな1枚。
金の箔押しが、落ち着きながらも豪奢な雰囲気を添えています。

それぞれ個性の異なる3人ですので、シリアスなものからユニークなものまで楽しんでご覧頂けることと思います。
また、3人展を記念したグッズなども制作中。
小粒ながらも皆さまの心に届く、そして淡く残り香を添える……、そんな展覧会にしたいと考えています。

どうぞ、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

*追加情報は随時Twitterでお知らせしております。


●作品販売について●


初日8日、11:30より抽選券の配布をします。
12:30になりましたら抽選を始めますので、スタッフのご案内のもと抽選番号順にお買い物をなさってください。
なお、会場前はたいへん狭く車道が迫っています。
皆様に安全に楽しんでいただく為にも、予定時間より前には並んだりなさらないよう、何卒よろしくお願いいたします。



『人・形展』9/27~10/3

2017年10月04日 03:45

終了いたしました。






第12回「人・形」展

9月27日(水)~10月3日(火)
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー
☆9月27日(水)午前8時45分より丸善・丸の内本店1階正面入口前で購入整理券の抽選をいたします。
主催:ドルスバラード

◆参加作家
あすま 愛実 亜由美 En 岡田好永 加園誠 ガーナベイビーズ 亀井潤 川上勉 キノコジュース 木村龍 COOL氏 佐伯祐子 桜文鳥 佐々木士甫 サユリンゴ 赤色メトロ 田中雅子 月見月 Dollhouse Noah 戸松容子 中山まゆみ 長尾都樹美 nogu. 野原tamago 林美登利 土方クロネ 陽月 ヒラノネム 藤伸 槙宮サイ 皆川優子 森下ことり y

在廊日:9/27 10/3 (予定)




恒例の人・形展の季節がやってまいりました。
今年も少女作品1体を出品いたします。
初日と最終日には会場におりますので、宜しければお気軽にご質問などお声がけください。

秋のお出掛けに、どうぞお運びください。
皆様のご来場お待ちしております。



新作『Litore』

2017年09月26日 02:33

litore_tw1.jpg


litore_tw2.jpg


litore_tw3.jpg


litore_tw4.jpg


litore_tw7.jpg


新作『Litore』
2017/09 制作
石粉粘土 胡粉 油彩仕上 自作眼 
78cm


すっかり秋の空気へと季節は移ろい、ふとした瞬間の郷愁に我に返るような気持ちの日々です。
ひんやりとした空気に心が凛とするような、そんな静かな中にも強さのある作品をとの想いで制作しました。
ラテン語で渚や水際を意味する『Litore』。
私の中での人形は境界に居るものとしての存在であり、波打ち際や汀といったものもまた一つの境界なのだと思うのです。
そんな間(あわい)に息づく少女。
『Litore』は人・形展にて皆様のお越しをお待ちしております。
どうぞ、ご高覧ください。


★人・形展詳細はこちら

新作『Amrita』

2017年05月26日 02:06

amrita1.jpg


amrita2.jpg


amrita3.jpg


amrita6.jpg


amrita4.jpg


amrita5.jpg


新作『Amrita』
2017/05 制作
石粉粘土 胡粉 油彩仕上 自作眼 人毛
80cm


苦しみを治め不死を与えるとされる、天上の飲物アムリタ。
紫からピンクオレンジ黄色へとグラデーションの入った瞳を持つこの作品が、いつか甘い芳香を放つようなイメージでこの名を与えました。
甘い蜜へ誘われるように、アイボリーホワイトを基調とした衣装には蝶のモチーフを。
レッグコルセットの先についている物はブローチタイプの着脱式ですので、胸元などお好きなところへ留まらせて頂くことが可能です。

こちらの作品は、来月6/3から京都山科にて開催されます人形展『廻向 echo』へと出品いたします。
どうぞご高覧ください。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。